ベテランがカンボジアへ人材派遣として行くメリット

ベテランがカンボジアへ人材派遣として行くと第一線で活躍、高給になる、出世が期待できるなどのメリットがあります。



カンボジアへ着いたら、会社の仲間に挨拶と自己紹介をしてから仕事開始となります。


ベテランでもあることから、経験と技術が優れているため、誰よりも素早く仕事をすることができます。


長く日本にいたので英語は話せないですが、通訳がいると思われるので現地の人達と話す際は困らなくて済みます。


また、人材派遣として一緒に来た人達の中では、一番の高給となります。


危険手当と出張手当が主な増加要因ですが、仕事をこなした量が他の人よりも多いのも理由です。



長く働くほどお金になりますが、ホームシックにかかってしまうこともあります。

目的別のカンボジアの外国人研修生について興味がある方にオススメのサイトです。

その時は、日本に残してきた家族の写真を見るか、国際電話で家族の声を聞くとすぐに治ります。
ただ、日本とカンボジアは数時間ほど時差があるため、電話をかける時間に注意です。


人材派遣としてカンボジアで働き、任期を終えて日本へ帰ると、会社のほうでその実績を認めてもらえます。一般社員なら係長、あるいは係長だった場合は課長へ昇進してもおかしくないです。
また、ある程度は英語も扱えるようになっていると思われるため、海外からの顧客と交渉する役も任されるはずです。
出世コースに乗ったことになるので、身体を使った仕事をする機会は減っていきます。
ただ、デスクワークばかりしていると身体の動きが鈍るので、ジョギングをして鍛えておくのも悪くないです。