カンボジア人を受け入れる外国人研修生制度

日本の企業が積極的に外国人研修生を採用しているのは、カンボジアの人々に対して日本が持つ高い技術力を習得して頂き、母国に能力を持って帰ってもらうことで母国を発展させてもらおうと考えているためです。
こうした仕組みである事から、技能実習に参加することが許される外国人研修生というのは、カンボジアが設けている難しい審査をクリアする事が前提条件となります。



正しく知識を習得して伝承させる役割を担っているので審査が厳しいのは仕方が無いと言えるでしょう。

ただし、合格することができたら訪れるための旅費などは負担してもらえる上に、外国人研修生を受け入れる決断をした会社側には国から支援金が届けられます。
以前からカンボジアを中心とする発展途上国から人気があった制度なのですが、近頃はますます支持されており試験を受ける方も増加傾向にあるようです。



外国人研修生を受け入れる側としても、世界に向けて大きな技術を持っているという事を発信できる良いチャンスなので、ウインウインの関係であると言えるでしょう。


ただし、注意すべきなのは制度が構築されて長い期間が経過していて、需要が高いのにも関わらず制度のルールなどが現代社会にそぐわないという事です。


全ての事柄に関して不都合を感じるというわけではないのですが、今の社会に照らし合わせてみると、時代に合っていないと感じられるような面が多々見受けられるのです。

カンボジアの人材派遣について補足説明いたします。

そのため、見直しが行われるとますます良い制度になるでしょう。